ゼロトラストブラウジングでチームを守る

Cloudflareのブラウザの分離サービスは、ウェブブラウジングをより安全かつ高速にし、ネイティブブラウザにも対応しています。

Webブラウザは、以前と比べられないほど複雑なものになりましたが、最も広い攻撃対象領域にもなっています。

Cloudflareブラウザ分離はゼロトラストブラウジングサービスです。ネットワークやエンドポイントから離れたクラウドで実行され、デバイスを攻撃から保護します。

インターネットの脅威から従業員を保護するのが難しいのはなぜか?

セキュリティシールドDDoS攻撃対策ブルー
SWGポリシーは、制限が厳しすぎる、または緩すぎる

インターネット上のすべての脅威を防ぎ切れるセキュアWebゲートウェイはありません。ITチームはリスクを制限するために、あまりにも多くのWebサイトをブロックし、従業員に窮屈な思いをさせています。

ルータブルー
悪意のあるコンテンツは見つけにくく、修復にコストがかかる

有害なコードは、無害を装うWebメールの添付ファイル、プラグイン、およびソフトウェアアドオンに含まれる可能性があります。そのコードがユーザーのブラウザからデバイスに移ると、機密データの漏えいを起こしたり、同ネットワーク上のデバイスに広まることもありえます。

1人のユーザー
ITチームは、ブラウザを管理するのに十分な権限を与えられていない

組織が社員の使用するブラウザをすべて把握、またはコントロールすることは、ほぼ不可能です。これはコンプライアンス基準の達成や、ネットワーク上のユーザー、デバイス、データの保護の妨げにもなりえます。

絶えないサイバー攻撃の影響を軽減

Ssl tls heroのイラスト

ブラウザ分離は、すべてのブラウザコードをエンドポイントではなく、クラウド内で実行します。ユーザーが必然的にインターネットの脅威に遭遇した場合、ゼロトラストブラウジングはマルウェアがデバイスに感染してネットワークに混乱を引き起こすのを防ぎます。

Ssl tls heroのイラスト

平均的なリモートブラウザとは違います

従来のリモートブラウザ は、低速で使いづらいWebページをユーザに送信します。Cloudflareは、ページの正確なレプリカをユーザーのデバイス上に反映し、そのレプリカを極めて迅速に配信するため、通常のブラウザのように感じられます。

導入をご希望ですか?有料のZero Trustプランであれば、ブラウザ分離を追加できます。

検証・フィルタ・検査・分離

Cloudflare DLP

管理者はCloudflare Zero Trustを使って、Zero Trustアプリケーションアクセスポリシーを設計するのと同じ場所にZero Trustブラウジングルールを設定します。フィルタリング、検査、および分離のルールは単一の超高速シングルパス検査アーキテクチャで適用され、遅延は最小限に抑えられます。

Cloudflare DLP
Slide 1 of 2

リソース

ホワイトペーパー:よくあるブラウザ分離の課題とその克服方法

従来のブラウザ分離アプローチに関連する最も一般的な課題と、Cloudflareのゼロトラストプラットフォームがそれらの克服にどのように役立つかについて解説します。

ホワイトペーパーをダウンロード

ブログ:あらゆる規模のチームのためのブラウザ分離

リモートブラウザが誰にでも使用される一般的な技術ではないのはなぜでしょう?Cloudflareのアプローチにおいて、ブラウザ分離をユニークなものにしているのは何でしょう?概要については、Tim Obezukの発表ブログをご一読ください。

ブログを読む

WIRED: Browser Isolation takes on advanced entrenched threats(高度な定着した脅威に対するブラウザ分離の対策)

WIRED誌のLily Hay Newmanが、ブラウザ分離サービスの登場、そして、Cloudflareが市場にどのように迎えられてたかについて探ります。

記事を読む

製品概要:Cloudflare Browser Isolation

脅威からの防御とデータ保護におけるCloudflare Browser Isolationのメリットをまとめています。

製品概要をダウンロード

今すぐ始める

ブラウザの分離 - Teamsの概要

ブラウザ分離はCloudflare Zero Trustポリシービルダーにネイティブに統合され、管理者はセキュリティまたはコンテンツのカテゴリーとアプリケーショングループを許可、ブロック、または分離できるようになりました。ユーザーとチームに基づく分離ポリシーのために、IDプロバイダーのグループと統合します。今なら、組織規模を問わずサインアップ可能です。

ブラウザの分離 - Teamsの概要